製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > セラミッククラウン法、ホワイトニング、ラミネートベニア法について

セラミッククラウン法、ホワイトニング、ラミネートベニア法について

 審美歯科とは、歯を白くするだけではなく、事故で欠損した歯を他の歯と変わりなく治療したり、目立ってしまう詰め物を目立たない詰め物にしたりと、総合的な歯の美しさを修復する治療のことを言います。審美歯科治療は専門な歯科用品が欠かせません。

 

セラミッククラウン法

セラミッククラウン法とは、歯を一回り削った後に、セラミック製の歯をかぶせる治療方法で、基本的には虫歯で多くの面積を失ってしまった場合に適用される治療法です。銀歯などに比べ、自然な歯と同じように見せることが可能です。

 

ホワイトニング

ホワイトニングは、歯の色素を分解する専用の薬剤を使って、天然歯を白くする処置のこと。自分の歯を削らずに白くできるという利点もあって、近年は女性のみならず男性からの支持も得ています。

 

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは歯の表面を薄く削り、そのうえに薄いセラミックを接着させる治療法です。歯の色がホワイトニングでは改善できない時や「歯の形」が不自然なとき「歯並び」が悪いときに用いる治療です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp