製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ラミネートベニア法が適した歯およびこの方法の特徴について

ラミネートベニア法が適した歯およびこの方法の特徴について

 ラミネートべニア

ラミネートべニアとは、歯の表面を薄く削り、付け爪のようなセラミックを歯に貼り付ける治療法です。短期間でキレイに仕上げることが可能です。審美歯科治療は専門な歯科材料が必要です。

 

ラミネートベニア法が適した歯

変色が強い歯

すき間のある前歯

摩耗してしまった歯

矮小歯のような小さい歯

 

ラミネートベニアのメリット

元の歯の色が極端に悪い場合でも対処できる

ホワイトニングより更に白い歯にする事が出来る

色だけでなく形も綺麗に出来る

歯を削る量が少ない

治療期間が短期間

 

ラミネートベニアのデメリット

1、削る量が少ないとはいえ、健康な歯を削る必要がある。

2、セラミックのシェルは薄く割れやすいので、強い力のかかる部位には使用できない。

3、治療費が高い。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp