製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 知覚過敏のメカニズムと知覚過敏の対策

知覚過敏のメカニズムと知覚過敏の対策

知覚過敏とは

知覚過敏とは、むし歯ではないのに冷たい水や空気に触れて歯がしみるなどの状態をいいます。とくに冬は知覚過敏を感じやすい時期でもあります。

 

知覚過敏のメカニズムはなんですか?

歯の神経は、象牙質という歯質の中に入っています。その象牙質には象牙細管という象牙質表面と神経をつなぐ、目に見えないほどの細い管が存在しています。したがって象牙質が露出すると象牙細管を通じて刺激(冷たいもの、風など)が神経に伝わり、しみるという症状をおこします。これが知覚過敏です。歯科治療は専門な歯科材料が必要です。

 

知覚過敏の原因はなんですか?

1、間違ったブラッシング方法

2、ブラッシングのしすぎ

3、歯周病などによる歯グキの退縮

4、ストレス等による歯ぎしり

 

知覚過敏の対策は?

丁寧な歯みがき

知覚過敏に効果のある歯磨き剤を使う

歯の表面をコーティングする

歯の欠けている部分、削れている部分を詰める

歯ぎしりやくいしばり防止のマウスピースを使う


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp