製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 補綴物についての紹介

補綴物についての紹介

 歯科治療において、修復材となるかぶせ物や詰め物を補綴物と呼びます。虫歯治療などで歯を削った際には、補綴物が必要となります。種類は金属やプラスティック、クラウンなど様々です。またそれぞれ特徴や費用も異なります。審美歯科治療は専門な歯科材料が欠かせません。

 

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンとは、金属を一切使わないセラミックだけでできた被せ物です。金属を使用していないため、天然歯により近い色合いや形態を再現することができます。

 

メタルボンド

表面はセラミック、内部は金属でできたかぶせものです。セラミックの自然な発色と、金属の強度を併せ持った素材で、前歯・奥歯を問わず、従来から最もよく用いられています。

 

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは、セラミックとレジンを混合した、両者の中間にあたる材料で作られた素材です。オールセラミックと比べ軟らかいため噛み合う歯にダメージを与えにくく、また従来の硬質レジンよりも高い強度を持っています。レジンと比べ変色しにくく、天然歯に近い自然な色調再現が可能であることも特徴です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp