製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > セラミック治療の素材の特徴および治療方法の紹介

セラミック治療の素材の特徴および治療方法の紹介

 オールセラミック

金属を一切使わないので歯肉にくろずみがでる心配もありませんし、より自然歯に近い色合いが再現できます。また永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで、天然歯の様な美しさを保ちます。審美歯科治療は専門な歯科材料が欠かせません。

 

メタルボンド

メタルボンドとは、外見がセラミックで、中身は金属でできている被せ歯、差し歯です。陶材焼付鋳造冠と呼ばれることもあります。色が本物の歯に似ているので、見た目がとてもきれいな被せ歯、差し歯です。

 

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削って、歯の形をした白いつけ爪のようなものを貼りつけて、歯の色合いを良くしたり、歯の形を整えたりする治療方法です。

 

セラミックスインレー

通常健康保険内では虫歯を削った後には金属の詰め物を入れますが、より自然の歯に近い光沢や色調のものにするためにセラミックスの材料に置き換える事で審美性・封鎖性・生体親和性を向上させることが可能です。オールセラミックスクラウンと同様、金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp