製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 三つのタイプのセラミッククラウンの特徴

三つのタイプのセラミッククラウンの特徴

綺麗な見た目の歯とは、周りの歯と色や形が調和した、天然歯の様な歯です。それを実現するために、金属の詰め物や被せ物の代わりに、セラミック等の素材を用いて歯を修復します。また被せ物の形を調整することにより、よい歯並びに見せることも可能です。歯科治療は専門な歯科材料が必要です。

 

メタルボンドクラウン

セラミッククラウンの1種で、金属フレームをベースにその表面に白いセラミック材を焼き付けたものです。セラミックのメリットである審美性と金属の持つ強度という各々の材料の長所を兼ね備えたクラウンです。

 

ハイブリッドセラミッククラウン

ハイブリッドセラミッククラウンとは、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られたクラウン(差し歯)です。オールセラミックジャケット冠よりも割れにくいのですが、色調は多少劣ります。しかし、治療費はオールセラミックよりも安く、硬すぎないので周囲の歯を痛めないというメリットがあります。

 

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは裏側から焼付けの表面まで、冠全体がセラミック(陶器)でできています。そのため、仕上がりは最も自然な歯に近く大変きれいです。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp