製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病になりやすい箇所および歯周病の対策

歯周病になりやすい箇所および歯周病の対策

歯周病になりやすい箇所は?

歯と歯の間

物が挟まりやすい箇所

奥歯

歯並びが凸凹の箇所

腫れたことがある箇所

歯科治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブによる消毒が欠かせません。

 

歯周病のかかりやすさに男女差はありますか?

それほど差はありませんが、妊娠されている女性は口腔内に分泌されるホルモンの影響で歯肉の炎症が起こりやすくなっています。 

 

歯周病の進み方は?

と歯茎の間の溝にプラークがたまる。

プラークが歯石となり炎症が進み

さらに骨が溶け、歯が動きだし、歯茎が腫れてくる。

 

歯周病の対策は?

歯周病の原因は主にデンタルプラーク(口腔細菌)ですから、プラークを除去し、プラークが付着しにくくする事が歯周病に対する治療の基本となります。定期的にお口の中のクリーニングをするように心がけましょう。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp