製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 親知らず(智歯)についての情報

親知らず(智歯)についての情報

 親知らず

16~20歳前後に生えてくる最後の歯です。先天的に親知らずがない方もいますし、レントゲンを撮ってみて初めて、歯ぐきの奥深くで見つかる場合もあります。歯科治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が欠かせません。

 

親知らずの弊害

第2大臼歯を虫歯にしてしまう。

第2大臼歯を巻き込んで歯周病になりやすい。

噛み合わせがわるくなりやすい。

智歯周囲炎という親知らずの周りに炎症を引き起こす。

 

親知らずを抜歯したほうが良い場合

手前の歯と同じように生えてきているが、歯磨きが上手にできない場合。

中途半端に生えてきていて、歯の一部だけが見えている場合。

横向きに生えてきている場合。

骨の中に完全に埋まっているが、レントゲン写真上問題がある場合。

歯並びを悪くする恐れがある場合。

 

親知らずを残した方が良い場合もあります。

1、正常に生えている

2、完全に埋まっていても問題がない

3、手前の歯を失った場合に親知らずを利用してブリッジにできる

4、親知らずを歯の移植に利用できる


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp