製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 親知らずの原因と悪い影響

親知らずの原因と悪い影響

 「親知らず」(親不知・おやしらず)とは、前から数えて8番目の歯です。(第三大臼歯、智歯とも言います)親知らずは20歳前後で生えてくる歯のため、平均寿命が40歳前後だった昔の人たちは、自分の子供の親知らずが生えてくる前に亡くなってしまってこの歯を見ることが出来ない、というのが親知らずの名前の由来だと言われています。

 

親知らずは、もともと他の歯と同じように上下でしっかり噛み合う普通の歯でした。ところが現代人は食生活の変化によって顎が小さくなり、親知らずが生えるスペースが足りない場合が多くなってしまったのです。そのため、一生生えてこなかったり、歯肉の中で真横を向いて生えていたりという場合もあります。問題がある場合は、周りの歯に悪影響を与える前に抜歯するのが一般的です。歯科治療は専門な器材が欠かせません。一部分の器材は高圧蒸気滅菌器での消毒が必要です。

 

親知らずの悪影響

歯ぐきが腫れたり痛む

食べ物がつまりやすい

隣の歯が虫歯になりやすい

膿の袋を作ることがある

 

親知らずを抜かなくても良い場合もあります。

正常方向に生えてきていて、歯磨きも特に問題なくできる場合。

骨の中に完全に埋まっていて、レントゲン上問題が無い場合。

その他、特に悪影響を及ぼすことがないと判断された場合。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp