製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯のC1~C4の状態と虫歯の治療

虫歯のC1~C4の状態と虫歯の治療

 虫歯の原因は3つです。

1あなたの虫歯菌の数。

2あなたの食事の習慣。

3あなたの歯を守る力。

これらを上手にコントロールすれば虫歯は予防できます。

歯科治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が欠かせません。

 

C1~C4の状態

C1エナメル質のみに限局した虫歯を言います。

C2象牙質まで進行した虫歯を言います。

C3歯の神経まで虫歯が達した状態を言います。

C4歯のほとんどが崩壊してしまった状態を言います。

 

虫歯を放っておくと

虫歯の症状は最初、歯の表面のエナメル質が溶け始めるところから始まります。この段階では、歯が自分で修復し、元通りに治ることもあります。ところが、象牙質まで進行すると、徐々にしみはじめます。さらに神経まで到達すると、激しい痛みを発するようになります。

 

虫歯の治療

C1虫歯におかされた部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2虫歯におかされた部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3神経を除去し、神経が入っていた管の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウンを入れます。

C4抜歯が必要になるケースがほとんどです。抜歯後、入れ歯やブリッジ、インプラントなどで失った歯の機能回復を図ります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp