製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯ぎしりが及ぼす悪影響と歯ぎしりの治療法について

歯ぎしりが及ぼす悪影響と歯ぎしりの治療法について

 歯ぎしりとは

歯ぎしりとは、上下の歯同士を擦り合わせたり、噛みしめたりという動作のことを言い、咬合神経症と呼ばれることもあります。パルスオキシメーター

 

歯ぎしりの原因

多くの場合、歯ぎしりは「心因性、ストレス性」が原因です。日常生活の不安やストレスなど、心理的な要因に対して、無意識に歯ぎしり、食いしばりをすることによってストレスを発散させていると言えます。

 

歯ぎしりが及ぼす悪影響はなんですか?

歯が折れる、すり減る

歯の根の破折

被せ物や詰め物が外れる、割れる

義歯が割れる

歯周病の悪化

顎関節症の悪化

 

歯ぎしりの治療法は?

歯ぎしりはメンタル面での原因が大きいので、できるだけストレスを受けないようなアドバイスをすることもあります。治療として一般的なのは、患者さんの合ったマウスピースを作成することです。寝るときにそれをはめて寝てもらうようにして、夜中に歯ぎしりによる歯へのダメージを軽減されるようにします。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp