製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の悪い影響と歯周病の予防の重要性の紹介

歯周病の悪い影響と歯周病の予防の重要性の紹介

 歯周病は歯肉炎・歯周炎の総称です。歯周病は歯を支える組織に歯ぐきの腫れや出血といった症状を引き起こし、最悪の場合、歯が抜けてしまうこともある恐ろしい病気です。歯周病予防の第一歩として、まずは歯周病について正しく理解しましょう。歯科病気を治療するときに専門な歯科器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブによる消毒が欠かせません。

 

歯周病は様々な要因が複雑に絡み合って起こりますが、最大の原因はプラーク(歯垢)です。プラークはただの食べカスではなく細菌の塊ですこの細菌の産生する毒素が歯周病の発生・進行に非常に大きく関わってきます。

 

歯周病の悪い影響

歯周病菌が口腔内の血管に入り血流にのって各臓器に運ばれると、心臓疾患や肺炎、早産など全身への悪影響をおよぼすおそれがあります。そのため、歯周病の予防は大切です。

 

歯周病を予防するには「プラークコントロール」と「歯科医院での定期的なメンテナンス」の2つが重要です。予防の成否は患者さんが歯周病についての知識 をどのくらい知っているかにかかっています。一度歯周病になってしまうと治療は非常に大変です。ぜひ歯周病についての知識を身につけて、歯周病をしっかりと予防してください。 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp