製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の症状および歯周病と持病の関係の紹介

歯周病の症状および歯周病と持病の関係の紹介

歯周病って?             

歯周病菌が歯と歯肉の間にある歯周ポケットなどで増殖・繁殖することで歯肉に炎症が起こる病気のことを歯周病と言います。歯肉の内部や歯を支える骨にまで、少しずつ悪影響が広がっていくこともあります。日本では成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。歯科病気の治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

歯周病の症状はどのようなものですか?

主な歯周病は、歯の土台が破壊される病気です。むし歯のように激痛があるわけでもなく、ゆっくりと進行します。その為に、患者さんがその症状を自覚するには、非常に時間がかかります。そして、歯が揺れたり、歯ぐきが腫れたりと自覚したときには、歯周病がかなり進行している場合がほとんどです。

 

喫煙と歯周病の関係はなんですか?

喫煙の習慣があると、歯周病が発症・進行する危険度が2~8倍高くなり、歯周病原菌の数が2倍以上になることが報告されています。これはタバコの煙の中に含まる有害物質が、防御機能の低下や毛細血管の収縮による局所的循環障害を起こすことによるものだと推測されます。

 

歯周病と持病の関係はなんですか?

「全身疾患があると歯周病になりやすい」と言われています。特に糖尿病はその代表例です。それとは逆に、最近では、歯周病が原因となってさまざまな病気を引き起こすこともわかってきています。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp