製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病が発生,悪化する直接的な原因と歯周病の治療について

歯周病が発生,悪化する直接的な原因と歯周病の治療について

歯周病とは、成人の 7~8 割がかかっている生活習慣病です。自覚症状はあまりなく病状がかなり進行してから気付くことが多い病気です。歯科病気の治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

歯周病が発生・悪化する直接的な原因は、プラークや歯石です。プラークや歯石のなかには数多くの歯周病菌が存在しており、その歯周病菌が増殖して骨を溶かしていきます。そのため、ブラッシングが不十分でプラークや食べカスが口腔内に残っていると、歯周病菌が増殖しやすい環境になり、歯周病のリスクを高めてしまいます。

 

歯周病菌はお口の中だけでなく、血管を通じて身体全体に広がることでさまざまな病気のリスクが高まることがわかっています。そのため、歯周病の早期発見と早期治療は大切です。

 

比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができますが、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周外科手術が必要となる場合があります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp