製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 虫歯の進行と虫歯ができやすい場所についての紹介

虫歯の進行と虫歯ができやすい場所についての紹介

 歯は何故できるのですか?

虫歯は細菌によって作られます。歯に付着したプラークの約75%は細菌です。これらの細菌は、食べかすの中の糖分を栄養として生きています。細菌が糖分を分解する時に酸を出します。この酸が歯を溶かして、虫歯になります。虫歯治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

虫歯の進行は?

C1 エナメル質の領域の虫歯

C2 象牙質の領域の虫歯

C3 歯髄まで達した虫歯

C4 歯根にまで及んだ虫歯

 

虫歯ができやすい場所はありますか?

虫歯ができやすい場所は、かみ合わせの溝、歯と歯の間、歯と歯肉が接する部分など、汚れのたまりやすい場所です。

 

虫歯の治療は何回ぐらいかかるの?

小さな虫歯は1~2回の治療でほとんどの場合終わります。しかし、虫歯が大きくなり神経の治療が必要な場合は、何回かの通院が必要になります。虫歯も早期発見、早期治療が大切です


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp