製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯の動揺度検査および歯周病の症状について

歯の動揺度検査および歯周病の症状について

 歯周病とはどんな病気ですか?

歯を支える歯ぐきなどの歯の周囲に起こる病気です。歯の土台の病気ですから、進行すると歯がぐらつき、ついには抜けてしまいます。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯の動揺度検査って?

ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、どの程度グラつくかを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。

 

歯周病の症状はなんですか?

朝起きたとき、口の中がネバネバする。

ブラッシング時に出血する

口臭が気になる。

歯肉が赤く腫れている

歯が長くなったような気がする。

かたい物が噛みにくい。

 

実際に歯周病にかかってしまう人はどれくらいいますか?

歯周病は日本人には非常に多い病気で、成人の約8割は歯周病になっている、もしくはその予備軍といわれています。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp