製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ノンクラスプデンチャー、レンジ床 、金属床義歯、マグネット義歯の紹介

ノンクラスプデンチャー、レンジ床 、金属床義歯、マグネット義歯の紹介

 ノンクラスプデンチャー

部分的な義歯は、自分の歯に金属のバネをつけることがよくあります。ノンクラスプデンチャーは、金属のバネがなく、審美性に大変に優れています。また、義歯自体が軽く、装着していての疲労感が少なくて済みます。義歯による治療の前には専門な器材(歯科通販)での検査は必要です。

 

レンジ床 

保険で使用される一般的な入れ歯です。プラスチック製ですので、割れないようにどうしても、ある程度の厚みが必要になります。また、熱も伝わりにくいです。

 

金属床義歯

歯ぐきに触れる部分が金属で作られている入れ歯です。金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険適用の入れ歯よりもしゃべりやすかったり、食べ物の温度も伝わりやすく、おいしく食事ができます。金属なので耐久性に優れており、残っている歯への影響も少ないです。

 

マグネット義歯

マグネット義歯とは、歯の根に磁性の金属を埋め込み、入れ歯に超小型磁石を取り付ける入れ歯です。ピッタリと吸着するため、装着時の違和感が少ないのが特徴です。留め具もなく、見た目も自然です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp