製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の原因、メカニズム、危害、予防の紹介

歯周病の原因、メカニズム、危害、予防の紹介

 歯周病は、歯を支えている骨が解けてしまう病気です。若い時に歯を失うのは虫歯が原因であることが多いのですが、40歳を過ぎてからの歯を失う最大の原因はこの歯周病です。歯科病気の治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

歯周病の原因はプラークに潜む歯周病菌です。プラークは、歯の表面に集まる目には見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜です。プラークは次第に堅くなって歯石となります。これが感染を招き、次第に歯の周囲にポケットができ、歯を支持している組織を破壊していきます。

 

歯周病は、口の中の問題たけでなくさまざまな全身性の病気とも深くかかわっています。

歯周病菌がつくりだす毒素や炎症を引き起こす物質は、血液中に入り全身に影響を及ぼします。歯周病菌と糖尿病・心筋梗塞・肺炎・低体重児出産などとの関連が報告されています。全身の健康を維持するために、歯周病の予防と治療は不可欠です。

 

歯周病の予防

歯周病の予防のためには、原因であるプラークをゼロに出来れば良いのですが、これは不可能です。そこでプラークの増殖を抑制し、自分の体に悪影響を及ぼさない程度にいつもコントロールしておくことが必要です。これがプラークコントロールです。つまり歯ブラシなどの清掃用具により、細菌の量を減らすプラークコントロールが最も大切な予防法です。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp