製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の恐ろしいところおよび歯周病の予防について

歯周病の恐ろしいところおよび歯周病の予防について

 歯周病とは、歯周組織に発生する疾患の総称のことです。かつては歯槽膿漏とも言いました。歯周病は歯肉に限局する「歯肉炎」と歯周組織まで炎症が拡がる「歯周炎」に大別されます。歯科病気の治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

歯周病は初期症状がなく、徐々に進行していく病気です。そのため、症状が現れたときには既に手遅れになってしまいがちです。さらに症状が悪化すると歯が抜け落ちてしまいます。

 

歯周病は口の中だけの病気と軽く考えてはいけません。炎症が続いていると、歯周病菌や菌の出す毒素が血流に乗って心臓に運ばれたり、肺に入ったりして、全身疾患を引き起こすおそれがあることがわかってきました。そのため、歯周病の予防はとても大切です。

 

治療について

比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができますが、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周外科手術が必要となる場合があります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp