製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病と生活習慣の関係および歯周病の予防

歯周病と生活習慣の関係および歯周病の予防

 歯周病の原因は何ですか?

口の中にいる細菌の塊であるプラーク(歯垢)が原因です。このプラークが毒素を出し、歯を支えている骨を溶かしてしまうのです。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が欠かせません。

 

歯周病と煙草は関係があるのですか?

データ上でも、喫煙者は非喫煙者よりも歯周病になる可能性が高いという結果があります。またかかってしまった歯周病の治癒も、喫煙の影響で歯肉の血管が収縮するため遅くなってしまうこともあります。

 

歯周病と生活習慣の関係はなんですか?

歯周病は生活習慣病ですので、日頃の生活習慣によって歯周病になりやすくなったり、治りづらくなることがあり、いくら正しい歯磨きを行ったり治療を行っても生活習慣を見直さない限り、歯周病の完治は困難です。

 

歯周病を予防するには、

歯にプラークを付着させないこと

プラークが付着しやすい状況を作らないこと

ストレス・疲労をためないこと

禁煙


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp