製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ワイヤー矯正、部分矯正、インビザライン、裏側矯正の紹介

ワイヤー矯正、部分矯正、インビザライン、裏側矯正の紹介

 ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく最もスタンダードな矯正法です。一般的に「矯正」と言う場合は、この方法です。矯正治療を行う前に専門な器材(歯科通販)での検査は必要です。

 

部分矯正

部分矯正とは、気になる部分だけを整える矯正治療法のことです。従来の矯正治療に比べて短期間で、費用も安く治療を受けることが出来ます前歯の向きや、八重歯、すきっ歯などちょっと矯正して歯並びを整えたい方には、部分矯正という選択肢が非常に効果的です。

 

インビザライン(マウスピース矯正)

マウスピース型の矯正装置です。装置が透明なので目立たず、取り外し可能なので食事やブラッシングの邪魔になりません。また、ブラケットやワイヤーを使用しないため、装置の刺激によって口の中が切れたり口内炎ができたりすることがありません。

 

裏側矯正

裏側矯正(舌側矯正)とは、通常、歯の表側に付ける矯正装置を歯の裏側に付けることで、矯正治療中であることを回りの人に気づかれずに行える治療です。 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp