製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 目立たない矯正法ーマウスピース矯正

目立たない矯正法ーマウスピース矯正

 マウスピース矯正

マウスピース矯正は、透明な樹脂でできたマウスピース(歯形)を歯に装着して行う矯正治療法です。歯の動きに応じて、2週間に1度の割合で通院。新しいマウスピースと交換することで、徐々に目的の歯並びに近づけて行きます。矯正治療を行う前に専門な器材(歯科通販)での検査は必要です。

 

適応する症例は以下になります。

1軽度な隙っ歯、出っ歯、凸凹などの不正咬合。

2上下のかみ合わせの前後、または左右のズレが少ない不正咬合。

3奥歯のかみ合わせの前後的なズレが少ない不正咬合。

4歯根の移動が必要ない症例。

 

マウスピース矯正のメリット

1透明なので目立たない。

2マウスピースは,食事や歯磨きのときに取り外しますので,口の中を清潔に保ちやすい。

 

マウスピース矯正のデメリット

1歯を抜かなくて済むような、比較的簡単な矯正にしか使用できない。

2すべて患者まかせになってしまう(装置をはめる時間が少ないと治療が進まない)。

3毎回歯の型を取る必要がある。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp