製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > シリコン義歯、コーヌス・テレスコープ義歯、磁石を使用した義歯、金属床義歯

シリコン義歯、コーヌス・テレスコープ義歯、磁石を使用した義歯、金属床義歯

 シリコン義歯

義歯床の一部がシリコンで作られています。非常に柔らかく刺激が少ないので、口内に痛みを感じることはほとんどなく、咀嚼がスムーズです。ほとんど全ての症例に対応できる非常に有効範囲は広いものの、汚れが付きやすく、2年ほどで劣化してしまうので耐久性の面でのデメリットがあります。入れ歯による治療を行う前に専門な器材(歯科通販)での検査は必要です。

 

コーヌス・テレスコープ義歯

コーヌス・テレスコープ義歯とは、残っている歯に金属冠をかぶせ、その上から入れ歯を装着するというタイプの部分入れ歯です。ものを噛む能力が高く、クラスプが必要ないので見た目も良いのですが、技術的に難しいという欠点があるため行っている歯科医院は多くありません。

 

磁石を使用した義歯

磁石を使用した入れ歯は、入れ歯に高性能の超小型磁石を取り付けたものです。強力な磁力により、ガタつきのないピッタリと適合する入れ歯を可能としました。バネを使用しないため、見た目に優れます。

 

金属床義歯

金属床の「床」という言葉は、土台となる部分を指しています。この「床」を金属で作るか、レジンで作るかで大きく変わってきます。金属で作ることで、高い強度や、床の厚みを大変薄くすることで違和感を減らすことが期待できます。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp