製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病、プラーク、プラークコントロールの紹介

歯周病、プラーク、プラークコントロールの紹介

 虫歯が歯そのものが欠ける病気であるのに対して、歯周病は歯ぐきや骨など、歯を支持している組織が破壊される病気で、以前は歯槽膿漏と呼ばれていました。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブによる消毒が欠かせません。

 

歯周病の最大の原因は、プラークと呼ばれる細菌の集団です。プラークは、空気を嫌う嫌気性菌で、病原性が高く、歯と歯茎のすき間に住み着きます。「よく歯を磨いているのに歯周病になった」のは、歯茎のすき間まで清掃できていないからです。

 

歯周病は口の中だけではなく、全身にも悪影響を及ぼすことがあります。歯周病菌が血流に乗って全身に運ばれることで、体の色々な部分にトラブルを引き起こすことがあるのです

 

歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp