製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の恐ろしい点および生活習慣と歯周疾患の関係についての質問

歯周病の恐ろしい点および生活習慣と歯周疾患の関係についての質問

 歯周病の恐ろしい点はなんですか?

歯周病は、感染していても症状を感じにくく、静かに進行していく病気です。特に初期段階では、これといった症状がほとんどありません。そのため、自覚症状が現れたころには、歯の周りの組織が細菌によってかなり破壊されていて、手遅れになってしまうケースがほとんどです。歯科病気の治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

生活習慣と歯周疾患の関係はなんですか?

歯周病は「生活習慣病」と言われるように、日々の習慣改善が重要です。特に喫煙は血流が悪くなりやすく、プラークが付着しやすいため非喫煙者よりも歯周病にかかりやすいとされています。また、偏食による不十分な栄養摂取、糖尿病なども歯周病を引き起こす原因になりえます。

 

歯周病と低体重児出産・早産の関係はなんですか?

歯周病になると生成される物質が血液に乗って胎盤に作用し、子宮収縮などを引き起こすことで、低体重児出産や早産を招くと考えられています。お口が健康な妊婦さんに比べ、その確率は約7倍ともいわれています。

 

歯周病の予防方法はなんですか?

歯周病を予防するにはプラークコントロールと歯科医院での定期的なメンテナンスの2つが重要です。予防の成否は患者さんが歯周病についての知識をどのくらい知っているかにかかっています。一度歯周病になってしまうと治療は非常に大変です。ぜひ歯周病についての知識を身につけて、歯周病をしっかりと予防してください。 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp