製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の進行、歯周病の危害、歯周病の予防の紹介

歯周病の進行、歯周病の危害、歯周病の予防の紹介

歯周病は、歯垢(プラーク)や歯石の中に潜む歯周病菌が原因で起こります。ブラッシングが正しく行えていないことにより歯周病菌が増殖し、毒素を排出して歯ぐきや顎の骨などの歯周組織を破壊していきます。歯科病気の治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

歯周病の進行

歯ぐきがはれ、ちょっとした刺激で出血する。

歯と歯ぐきの境目が広がり、歯ぐきが下がりはじめる。

歯ぐきからウミが出て、口臭がひどくなリ歯がぐらつきはじめる。

歯のぐらつきがひどくなり、最後には歯が抜けてしまう。

 

歯周病は口腔内だけでなく、全身にも悪影響を及ぼします。口腔内にひそむ歯周病菌は血液を介して全身に巡り、心臓病や肺炎を引き起こしたり、糖尿病を悪化させたりする場合があります。そのため、歯周病の予防は重要です。

 

歯周病を予防するには「プラークコントロール」と「歯科医院での定期的なメンテナンス」の2つが重要です。予防の成否は患者さんが歯周病についての知識をどのくらい知っているかにかかっています。一度歯周病になってしまうと治療は非常に大変です。ぜひ歯周病についての知識を身につけて、歯周病をしっかりと予防してください。 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp