製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ラミネートベニア法についての情報

ラミネートベニア法についての情報

ラミネートベニア法は、歯の表面をほんの少し削り、薄いセラミックを貼り付ける“付け爪”のようなものです。ホワイトニングではむずかしい強く変色した歯も白くできます。歯の形をある程度自由に変える事ができます。審美歯科治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

ラミネートベニア法の適応症

短期間で軽度の歯並びの修正 

変色歯の改善 

歯の一部が欠けたり摩り減って形が見苦しい部分の回復 

本来の歯より小さい歯(矮小歯)の改善 

歯の隙間(すきっ歯)の改善

 

ラミネートベニアのメリット

歯を削る量が少なくて済む

多少の歯並びの乱れなら、隠すことができる

ホワイトニングにくらべて、色調の後戻りがない

 

ラミネートベニアのデメリット

健康な歯をけずらなければいけない

費用の負担が大きい

接着剤で装着しているので、剥がれることがある

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp