製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の悪影響と歯周病の対策について

歯周病の悪影響と歯周病の対策について

 歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を破壊してしまう疾患です。歯周病により歯の周りの組織が壊れると、虫歯のない歯でも抜けてしまいます。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブによる消毒が必要です。

 

近年の厚生労働省の調査では、成人約7割が歯周病にかかっているという結果が報告されています。歯周病の症状は、最初はこれといった症状はほとんどなく、末期に近くなって症状が現れ既に手遅れの場合がほとんどです。

 

歯周病の悪影響はお口の中だけにとどまりません。歯周病菌がお口の中から体内に入り込み血流に乗って全身をめぐることで、さまざまな全身疾患を招いたり悪化させたりすることもあるのです。

 

歯周病にならない為の予防は何ですか?

歯周病の予防は、歯ブラシによるブラッシングのほかに、バランスの取れた食事規則正しい生活、適度な運動をすることです。これは歯だけに限らず健康な体を維持する事にもつながります。そして定期的に歯科医院を訪れマメに歯の受診をしましょう。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp