製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の症状と歯周病の予防法について

歯周病の症状と歯周病の予防法について

歯垢とは? 

歯垢(プラーク)とは歯周ポケットに溜まる乳白色の粘性のある物です。歯垢1mg中には1億ほどの細菌が存在すると言われております。歯科病気の治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

歯周病の症状は何ですか?

1歯ブラシ時に歯ぐきから出血がある。

2口臭が気になる。

3歯ぐきが腫れる。

4歯がぐらついて硬いものが食べにくい。

5歯茎をおさえると膿が出る。

 

歯周病と全身疾患の関係は何ですか?

歯周病は、口の中の問題たけでなくさまざまな全身性の病気とも深くかかわっています。
歯周病菌がつくりだす毒素や炎症を引き起こす物質は、血液中に入り全身に影響を及ぼします。歯周病菌と糖尿病
心筋梗塞肺炎低体重児出産などとの関連が報告されています。そのため、歯周病の予防は大切です。

 

歯周病の予防法は何ですか?

毎日、丁寧に歯を磨いていても、ご家庭の歯ブラシだけでは完全にはプラークを除去できません。口腔内をきれいな状態に保ち、歯周病を予防するには、定期的な専門のドクターや歯科衛生士によるメンテナンスが必要になります。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp