製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病を招く直接的な原因および歯周病の治療法の紹介

歯周病を招く直接的な原因および歯周病の治療法の紹介

 歯周病を招く直接的な原因はなんですか?

歯周病の直接的な原因はプラークですが、その他にも、さまざまな因子が関わっていると言われています。プラークは、単なる“ 食べかす ”のように思われがちですが、そうではなく、食べかすに群がった虫歯菌や歯周病菌をはじめとする多種多様の微生物のかたまりがプラークなのです。調査によるとプラーク1㎎のなかに1億個の微生物がいると言われており、その中には病原性を持つ細菌だけでも多種類が共存していて、歯周病は、その中の歯周病菌が引き起こす病気なのです。

 

歯周病の怖い点はなんですか?

歯周病は、歯ぐきや顎の骨などの歯周組織が破壊され、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうおそろしい病気ですが、その悪影響はお口の中だけにとどまりません。歯周病菌がお口の中から体内に入り込み血流に乗って全身をめぐることで、さまざまな全身疾患を招いたり悪化させたりすることもあるのです。

 

女性は歯周病にかかりやすか?

歯周病は必ずしも女性特有の病気ではありませんが、歯周病で悩む人は男性にくらべ、女性に多いのが特徴です。最近の研究では、歯周病の悪化には女性ホルモンの影響が大きく関与していることが分かってきました。特に女性の方は、歯周病について理解を深め、治療と予防を積極的に行っていくことが大切です。歯科病気の治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

歯周病の治療法はなんですか?

比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができますが、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周外科手術が必要となる場合があります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp