製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の検査方法と歯周病の治療方法についての情報

歯周病の検査方法と歯周病の治療方法についての情報

歯周病は、歯垢中の細菌が原因で歯周組織に炎症を起こす病気です。炎症により歯の根の周囲の骨が吸収され、進行すると最悪の場合歯が抜け落ちます。歯科病気の治療は専門な器材に離れません。一部分の器材はオートクレーブによる消毒が必要です。

 

厚生労働省のデータによると歯周病の罹患率は、25歳~34歳で75%、35歳以上で80%です。歯周病が怖いのは、初期の段階では症状が出ないこと。歯ぐきが腫れたり、歯茎から出血したりなどといった症状が出たときには、病気はだいぶ進行していて、気が付いたときには手遅れで歯を失うことになったというケースも少なくありません。

 

歯周病の悪影響はお口の中だけにとどまりません。歯周病菌がお口の中から体内に入り込み血流に乗って全身をめぐることで、さまざまな全身疾患を招いたり悪化させたりすることもあるのです。

 

歯周病の検査方法

歯周ポケット検査プローブというものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。

歯の揺度検査ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。

レントゲン検査顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。

 

歯周病の治療はまず生活習慣を改善することから開始します。比較的軽度の場合には正しい歯磨き法、PMTCによる汚れの除去などを行います。しかし、進行が重度の場合は、フラップ術やGTRメンブレン法などといった外科的手術が必要になるケースもあります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp