製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の直接的な原因および歯周病の検査方法についてのこと

歯周病の直接的な原因および歯周病の検査方法についてのこと

 歯の病気の代表的なものに、虫歯と歯周病があります。歯周病とは歯を支える周りの組織に起こる病気です。軽い歯周病も含め、40歳以上の成人のうち、5人に4人が歯周病にかかっているといわれ、歯周病は歯を失う最も大きな原因となっています。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が欠かせません。

 

歯周病の直接的な原因はプラークですが、その他にも、さまざまな因子が関わっていると言われています。プラークは、単なる食べかすのように思われがちですが、そうではなく、食べかすに群がった虫歯菌や歯周病菌をはじめとする多種多様の微生物のかたまりがプラークなのです。調査によるとプラーク1㎎のなかに1億個の微生物がいると言われており、その中には病原性を持つ細菌だけでも多種類が共存していて、歯周病は、その中の歯周病菌が引き起こす病気なのです。

 

歯周病の検査方法

1、ポケット検査 プローブというものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。

2、歯の揺度検査ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。

3、レントゲン検査顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。

 

歯周病の治療はまず生活習慣を改善することから開始します。比較的軽度の場合には正しい歯磨き法、PMTCによる汚れの除去などを行います。しかし、進行が重度の場合は、フラップ術やGTRメンブレン法などといった外科的手術が必要になるケースもあります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp