製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 怖い歯周病に関する情報の紹介

怖い歯周病に関する情報の紹介

 歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。歯科病気の治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

25歳~64歳の年齢層において、およそ76%~81%の高い割合で歯周病(歯石沈着を含む)にかかっています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあれ歯周病にかかってるといっても過言ではありません。

 

近年、歯周病は口腔内だけではなく全身に影響を及ぼすことがわかってきました。口腔内の歯周病菌が血液を介し全身へと巡ることで、心臓疾患や肺炎、糖尿病を引き起こす可能性があるのです。そのため、歯周病の予防と治療は大切です。

 

歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本です。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp