製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の直接的な原因と歯周病の予防についての質問

歯周病の直接的な原因と歯周病の予防についての質問

 歯周病の直接的な原因はなんですか?

直接的な原因はプラーク(歯垢)です。プラークは、歯の表面に集まる目に見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜のことで、このプラークが貼り付いている状態を「バイオフィルム」と呼びます。バイオフィルムには、無数の歯周病細菌が存在しており、この歯周病細菌の出す毒素が歯周病の発生や進行に大きく影響してきます。歯科病気の治療は専門な器材(歯科卸売)が必要です。 

 

歯周病の症状はなんですか?

口臭。2歯磨きのときに出血する。3歯ぐきがぶよぶよになる。4歯がぐらつく。5歯ぐきが赤くなる。6口の中がネバネバする。7歯肉から膿が出る

 

糖尿病と歯周病の関係はなんですか?

糖尿病は免疫力の低下につながり、歯周病を発症しやすくします。また歯周病になることで、血糖コントロールが難しくなり糖尿病の症状を悪化させる可能性もあります。

 

歯周病を予防するには?

歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、増やさないことが基本です。
そのためにはまず、正しく歯ブラシを使用し、こまめに歯を磨くことが重要です。

歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことが何より大切です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp