製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の怖いところおよび歯周病の治療の紹介

歯周病の怖いところおよび歯周病の治療の紹介

 歯周病とは歯と歯ぐきの隙間から細菌(原因菌)が入り込み歯を支えている歯ぐきや骨、歯根膜などの歯周組織を壊していく病気で、歯肉炎と歯周炎に分けられます。

 

現在、ほとんどの成人が程度の差はあれ歯周病にかかっていると言っても過言ではありません。歯を失う原因の第1位は虫歯ですが、歯周病も虫歯の次に歯を失う大きな原因です。歯科病院では専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

歯周病が怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みなどの自覚症状がなく、知らず知らずのうちに進行してしまうという点です。そのため、気付いた時にはすでに手遅れになってしまっていることが多いのです。

 

比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができますが、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周外科手術が必要となる場合があります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp