製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ラミネートベニア法とホワイトニング法についてのこと

ラミネートベニア法とホワイトニング法についてのこと

 ラミネートベニア

ラミネートベニアとは歯の表面を薄く削り、そのうえに薄いセラミックを接着させる治療法です。「歯の色」がホワイトニングでは改善できない時や「歯の形」が不自然なとき「歯並び」が悪いときに用いる治療です。

 

ラミネートベニアの欠点

ごく薄くではあるが、ご自身の歯を削る必要がある

噛み合わせなど過度な力がかかると、貼り付けた部分が欠けることがある

保険が適用されない

ホワイトニングと比べて費用がかかる

 

ホワイトニング

ホワイトニングでは、歯をけずることなく、歯の表面にホワイトニング剤を塗布することで歯の黄ばみや色素を分解して歯を白くしていきます。その方法には、自宅で行う「ホームホワトニング」と、医院で行う「オフィスホワイトニング」、そして、その両方のメリットを活かす「デュアルホワイトニング」があります。審美歯科治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

ホワイトニングの欠点

人によって効果にばらつきがある。

効果が永続的に続くわけではありません。

人工歯には効果がないということです。

ホワイトニング剤が歯にしみることがある。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp