製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病と全身疾患の関連性および歯周病の症状について

歯周病と全身疾患の関連性および歯周病の症状について

 歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を破壊してしまう疾患です。歯周病により歯の周りの組織が壊れると、虫歯のない歯でも抜けてしまいます。歯科病気の治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

歯周病の症状

歯ぐきから血が出る

歯ぐきから膿が出る

歯ぐきが赤く腫れる

歯ぐきが下がる

歯が伸びたように見える

歯がぐらぐら動く

口臭がする

 

最近になって、この歯周病は単に口の中だけの病気ではなく、全身の各臓器にも大きく影響を及ぼすことがわかってきました。歯に付着している歯垢1mgには、数百万個から一億個もの 細菌が含まれます。これらの細菌は、さまざまな毒性産物を作り出します。それにより、全身の健康や全身疾患に関与する場合があることが最近の研究で明らかになって きたのです。

 

歯周病を予防するには「プラークコントロール」と「歯科医院での定期的なメンテナンス」の2つが重要です。予防の成否は患者さんが歯周病についての知識 をどのくらい知っているかにかかっています。一度歯周病になってしまうと治療は非常に大変です。ぜひ歯周病についての知識を身につけて、歯周病をしっかりと予防してください。 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp