製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 静かに進行する病気ー歯周病について

静かに進行する病気ー歯周病について

 歯の病気の代表的なものに、虫歯と歯周病があります。歯周病とは、”歯を支える周りの組織(歯周組織)”に起こる病気です。 軽い歯周病も含め、40歳以上の成人のうち、5人に4人が歯周病にかかっているといわれ、歯周病は歯を失う最も大きな原因となっています。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病は、静かに進行していく病気です

歯周病は、感染していても症状を感じにくく、静かに進行していく病気です。特に初期段階では、これといった症状がほとんどありません。そのため、自覚症状が現れたころには、歯の周りの組織が細菌によってかなり破壊されていて、手遅れになってしまうケースがほとんど。そうなる前に、早期発見・早期治療で、大切な歯を歯周病から守りましょう。

 

歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。 プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本なのです

 

PMTCでのプラークコントロール

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科医師や歯科衛生士が徹底的に汚れを落とすクリーニング方法です。 クリーニングには、専用のブラシなどの機械を使用し、手磨きの歯ブラシでは届かない細かな溝や奥歯の歯茎の境目などもスッキリ磨き上げます。PMTCは歯周病の予防にとても有効です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp