製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の怖さと歯周病の予防について

歯周病の怖さと歯周病の予防について

歯周病は、知らないうちに歯ぐきの骨がなくなる病気です。歯の表面にプラーク(歯垢)が付着し、その中の歯周病菌が増殖することによって歯を支える土台である歯周組織や骨を破壊し、歯を失ってしまうこともあります。おもな原因はプラークですが、糖尿病などの全身の病気やタバコを吸うなどの生活習慣が、歯周病をひきおこしたり悪化させる原因にもなっています

 

現在、ほとんどの成人が程度の差はあれ歯周病にかかっていると言っても過言ではありません。歯を失う原因の第1位は虫歯ですが、歯周病も虫歯の次に歯を失う大きな原因です。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部の器材はオートクレーブによる消毒が必要です。

 

歯周病と全身疾患の関係

一見、何の関係もなさそうに思える歯周病と全身の病気。ですが近年、口腔内環境が悪化することで全身の様々な箇所に深刻な影響を及ぼすことが明らかになっています。例えば、歯周病や口腔内の感染症は糖尿病や心臓血管病、早産などとも関係しています。そのため、歯周病の予防は大切です。

 

予防について

歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、増やさないことが基本です。そのためにはまず、正しい歯ブラシの方法で毎日実行することです。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことが何より大切です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp