製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の特徴とプラークコントロールについて

歯周病の特徴とプラークコントロールについて

 現在の歯の喪失理由で一番多いのが歯周病です。歯周病とはその名のとおり歯の周りの病気、つまり歯を支える歯茎や顎の骨の病気です。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。 プラークとは歯に付着している粘着性の沈着物で、非常に多くの細菌とその産生物から構成されています。 また、 喫煙や糖尿病などの 要因(リスクファクター)も歯周病の進行に影響をあたえます。

 

歯周病の特徴

1、朝起きたとき、口の中がネバネバする。

2、ブラッシング時に出血する。

3、口臭が気になる。

4、歯肉がむずがゆい、痛い。

5、歯肉が赤く腫れている。

6、歯が長くなったような気がする

7、かたい物が噛みにくい。 

このような症状がひとつでもある人はある程度の差はあれ、歯周病の可能性があります。心当たりがある方は、検査を受けることをおすすめします。

 

プラークコントロールについて

プラークコントロールとは、歯周病の直接の原因であるプラークを減少させたり、プラークが再び付着するのを予防することです。歯周病の治療では、プラークコントロールは不可欠なものです。プラークコントロールなくして歯周病を治療することはできません。初期の歯周病であれば、プラークを徹底的に取り除くことで歯肉を健康な状態に回復させることができます。歯周病が進行したケースで歯周外科治療が必要なケースでも、プラークコントロールをしっかり行うことで、治療の効果を大きく高めることができます。プラークコントロールは、歯周病の治療だけでなく、歯周病を予防する上でも大切です。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp