製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 静かな病気である歯周病についてのこと

静かな病気である歯周病についてのこと

 歯周病(歯槽膿漏)は罹病者が世界で一番多い感染症で、厚生労働省の調査によると、日本でも成人の約8割が何らかの歯周病(歯槽膿漏)トラブルを抱えています。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病は静かな病気呼ばれています。患者さん本人には自覚症状が出にくく、病状が進行しても自覚できないために、 症状が出た時には既に重症になっているということがよくあります。

 

原因について

歯周病の最も多い原因は食べカスによって発生する歯垢(プラーク)です。歯垢や歯石がたまると、歯と歯肉の境や歯と歯の間、歯のくぼみなどに細菌が増殖し、この細菌が歯周病を引き起こす原因となるのです。

 

プラークコントロールについて

プラークコントロールとは、虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク/細菌のかたまり)を減らすことです。歯科医院でいくら歯石取りや歯周外科的処置を行っても、歯周病の原因であるプラークが出来やすいお口のままでは症状が改善されません。そのため、プラークコントロールは大切です。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp