製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病を招く原因とプラークコントロールについて

歯周病を招く原因とプラークコントロールについて

歯周病とは、歯周組織に発生する疾患の総称のことです。かつては歯槽膿漏とも言いました。歯周病は歯肉に限局する「歯肉炎」と歯周組織まで炎症が拡がる「歯周炎」に大別されます。現在でも30才以上の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われ、 歯の喪失原因の第1位になっています。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病の最も多い原因は食べカスによって発生する歯垢(プラーク)です。歯垢や歯石がたまると、歯と歯肉の境や歯と歯の間、歯のくぼみなどに細菌が増殖し、この細菌が歯周病を引き起こす原因となるのです。また、その他に全身性疾患や、ストレス・ホルモンバランスの乱れ・喫煙なども歯周病の原因になると言われています。

 

歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本です。

 

歯の健康は、食事などの生活習慣と大きく関係しています。特に、間食が多い方は、歯磨きをしなければいけない回数も増え、プラークコントロールが難しくなります。規則正しい食事習慣をつけることも、プラークコントロールの一環です。また、よくかむことでだ液の分泌が促進されて歯垢がつきにくくなる、繊維質の食品をかむことで歯の表面の歯垢が落ちるなど、食事の仕方もプラークコントロールに関係しています。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp