製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の直接な原因とプラークコントロールについての紹介

歯周病の直接な原因とプラークコントロールについての紹介

 歯周病とは、歯周組織に発生する疾患の総称のことです。かつては歯槽膿漏とも言いました。歯周病は歯肉に限局する「歯肉炎」と歯周組織まで炎症が拡がる「歯周炎」に大別されます。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病の直接の原因はプラーク(歯の汚れ)ですが、その他に歯周病の進行を早める原因として、はぎしり、くいしばり、かみあわせ、遺伝、タバコ、糖尿病などがあり、これらの原因が重なりあいおこります。

 

近年の研究により、歯周病と全身疾患の関わりが明らかになりつつあります。心疾患、糖尿病などへの関連が指摘されているのです。つまり、歯周病は「お口の病気」だけにとどまらず、全身の健康を脅かす病気といえます。そのため、歯周病の早期発見と早期治療は重要です。

 

歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。 プラークコントロールとは歯周病の原因である『歯垢(プラーク)=歯周病菌』の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本なのです


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp