製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の進行と治療についての情報

歯周病の進行と治療についての情報

 歯周病は、虫歯等の治療や検査で発覚することが多い、自覚症状が出にくい病気です。

歯の周りにある周辺組織が、歯周病菌に感染することで、“ 歯茎 (歯肉)”が腫れたり” 歯茎 ”から出血したりして、最終的には歯が抜けてしまいます。定期的に検診を受け、早期発見が大切です。歯科病気の治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

歯周病の最も多い原因は食べカスによって発生する歯垢(プラーク)です。歯垢や歯石がたまると、歯と歯肉の境や歯と歯の間、歯のくぼみなどに細菌が増殖し、この細菌が歯周病を引き起こす原因となるのです。また、その他に全身性疾患や、ストレス・ホルモンバランスの乱れ・喫煙なども歯周病の原因になると言われています。

 

歯周病には大きく分けて歯肉炎と呼ばれる状態と、歯周炎と呼ばれる2種類の時期があります。歯肉炎までの状態であれば、大抵の場合において、原因となっている細菌(歯垢と歯石)を除去し、丁寧にブラッシングをすれば治ります。しかしながら歯周炎まで症状が進行してしまい、重度の状態になると、抜歯せざるを得ない場合があります。

 

歯周病の治療について

歯周病の進行具合によって、治療の方法も変わります。比較的軽度の場合には正しい歯磨き法、PMTCによる汚れの除去などを行います。しかし、進行が重度の場合は、フラップ術やGTRメンブレン法(歯周組織再生誘導法)などといった外科的手術が必要になるケースもあります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp