製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の怖いところと基本治療

歯周病の怖いところと基本治療

歯周病は、歯周病菌という菌が歯周ポケットから浸潤して、顎の骨を浸食します。重度の歯周病になりますと、顎の骨が後退し、歯ぐきが下がってしまい歯の根っこの部分がどんどん露出していきます。最終的には、歯がぐらついて食事の最中などに突然抜けてしまうことになります。歯科病気の治療は専門な器材に離れません。一部の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病の症状

歯ブラシを使うと歯ぐきから血がでる。2歯ぐきが赤く腫れている。3口のなかがネバネバする。4冷たいもの熱いものが歯にしみる。5歯が浮く感じがする。6口の中が臭い

 

歯周病が本当に怖いのは、その影響が口の中のだけではないことです。歯周病があると、細菌が口の中の血管に入り、全身にまわってしまいます。心臓病・脳卒中・糖尿病・早産・低体重児・肺炎など、様々な病気を引き起こす可能性があるのです。そのため、歯周病の予防と治療は大切です。

 

基本治療

ポケットの深さを測定し、スケーラーと呼ばれる器具などを使い、歯垢、歯石の除去を行います。スケーリングは歯の表面や根の表面の歯垢歯石を取り除くことです。ルートプレーニングは根の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、毒素や微生物で汚染された表層をきれいにすることです。 このことにより、歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2mm~3mm)維持されればメインテナンスに移行します。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp