製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の原因と歯周病の進行状況の紹介

歯周病の原因と歯周病の進行状況の紹介

 歯周病とは、歯肉(歯ぐき)や歯槽骨(骨)など歯を支える歯周組織が炎症により破壊されていく病気です。歯周病は日本人の約80%の方がかかっているとされる身近な病気です。歯科病気の治療は専門な器材に離れません。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。 プラークとは歯に付着している粘着性の沈着物で、非常に多くの細菌とその産生物から構成されています。 また、 喫煙や糖尿病などの 要因(リスクファクター)も歯周病の進行に影響をあたえます。

 

歯周病の進行状況

歯肉炎歯周病の初期段階です。歯周病菌が付着することで、歯茎が赤く腫れたり、歯磨きで出血することがあります。

歯周炎歯周病菌によって歯周組織が溶かされ、歯茎が後退し、歯が長く見えたり、歯がグラグラしたりします。進行すると歯が抜け落ちることがあります。

 

治療法

軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治す事ができます。しかし、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要となります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp