製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の主な症状とプラークコントロールの紹介

歯周病の主な症状とプラークコントロールの紹介

 歯周病は、現在の日本において約8割の人がかかっている、またはその予備軍といわれている、歯を失う原因の第1位の病気です。みがき残した歯垢や歯石の中にひそむ歯周病菌が歯周組織に炎症を起こし、最終的には歯ぐきや顎の骨を破壊してしまう病気です。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病の主な症状について

口臭がする歯ぐきが赤く腫れる。3歯ぐきから血が出る。4歯ぐきから膿が出る

歯ぐきが下がる。6歯が伸びたように見える。7歯がぐらぐら動く、歯が抜けた

 

歯周病の進行

1、歯の周りに歯垢がたまって歯ぐきに炎症(歯肉炎)を起こします。さらに歯と歯ぐきの間に歯周ポケット(溝)ができます。2、歯周ポケットが深くなり、歯垢や歯石が沈着。歯槽骨の組織の破壊が始まります。(歯周炎)3、歯周ポケットには膿がたまり、歯周組織の破壊が極度に進行し、歯は支えを失ってぬけ落ちます。

 

歯周病の対策ープラークコントロール

プラークコントロールとは歯面や歯に隣接している歯肉の表面にたまっているプラークや付着物をを防止(予防)することです。特に歯周病治療において、プラークコントロールは欠かすことのできない重要な問題です。プラークコントロールは歯周病を治療し、予防するための、また、歯石形成を抑制するための最も有効な方法と考えます。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp