製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 成人が歯周病になる割合と歯周病の治療の紹介

成人が歯周病になる割合と歯周病の治療の紹介

 歯周病というのは、かつて歯槽膿漏(しそうのうろう)とも言われていた病気で、歯周病菌と呼ばれる細菌が原因で起こる、感染症です。歯周病は、歯周病菌が出す毒素によって歯の周りの骨が溶けてしまう病気です。歯周病のせいで歯ぐきが腫れたり、血が出たりするのは、この毒素が原因なのです。そのまま放っておくと歯周病が進行して、いずれ歯がグラグラになって抜けてしまいます。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が欠かせません。

 

成人が歯周病になる割合

25歳~64歳の年齢層において、およそ76%~81%の高い割合で歯周病(歯石沈着を含む)にかかっています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあれ歯周病にかかってるといっても過言ではありません。

 

近年の研究では、歯周病は全身疾患と深い関係があることがわかってきました。歯周病菌が唾液を介して全身に広がると、糖尿病や心臓血管疾患、肺炎などを引き起こし、さらには早産にも影響を与えるとさえ言われています。そのため、歯周病の治療と予防は重要です。

 

軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治す事ができます。しかし、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要となります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp