製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の原因およびPMTCの紹介

歯周病の原因およびPMTCの紹介

歯周病とは、歯周組織に発生する疾患の総称のことです。かつては歯槽膿漏とも言いました。歯周病は歯肉に限局する「歯肉炎」と歯周組織まで炎症が拡がる「歯周炎」に大別されます。歯科病気の治療は専門な器材が必要です。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

成人が歯周病になる割合

25歳~64歳の年齢層において、およそ76%~81%の高い割合で歯周病(歯石沈着を含む)にかかっています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあれ歯周病にかかってるといっても過言ではありません。

 

歯周病の原因

最大の原因の一つは、プラーク(歯垢)です。プラークは「細菌の塊」です。この細菌が出す毒素が歯周病の発生、進行に非常に大きく影響します。そのため、歯周病の治療、予防で一番大切なのは、プラークを出来るだけ取り除くこと、 つまり「プラークコントロール」です。

 

PMTCでの歯科病気の予防

毎日、細かい所まで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所に汚れがたまりやすくなってきてしまいます。歯科衛生士が専門的な器械を使って、このような部分のクリーニングを行う、それがPMTCです。PMTCには虫歯や歯周病の予防・改善、歯質を強化すると同時に歯の着色を除去し、光沢のある美しい歯を保てるようになるなど様々な効果があります。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp