製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の進行およびプラークコントロールの紹介

歯周病の進行およびプラークコントロールの紹介

 歯周病は、現在の日本において約8割の人がかかっている、またはその予備軍といわれている、歯を失う原因の第1位の病気です。歯科病気の治療は専門な器材が欠かせません。一部分の器材はオートクレーブでの消毒が必要です。

 

歯周病が発生・悪化する直接的な原因は、プラークや歯石です。プラークや歯石のなかには数多くの歯周病菌が存在しており、その歯周病菌が増殖して骨を溶かしていきます。そのため、ブラッシングが不十分でプラークや食べカスが口腔内に残っていると、歯周病菌が増殖しやすい環境になり、歯周病のリスクを高めてしまいます。

 

歯周病の進行について

1、歯の周りに歯垢がたまって歯ぐきに炎症(歯肉炎)を起こします。さらに歯と歯ぐきの間に歯周ポケットができます。

2、歯周ポケットが深くなり、歯垢や歯石が沈着。歯槽骨の組織の破壊が始まります。(歯周炎)

3、歯周ポケットには膿がたまり、歯周組織の破壊が極度に進行し、歯は支えを失ってぬけ落ちます。

 

歯周病の対策

歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。 プラークコントロールとは歯周病の原因である『歯垢(プラーク)=歯周病菌』の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本なのです


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp